プーチンの実像 証言で暴く「皇帝」の素顔 : 朝日新聞国際報道部,駒木明義,吉田美智子,梅原季哉 : プーチンの世界 : フィオナ ヒル,クリフォード・G. ガディ : プーチンとロシア革命: 百年の蹉跌 : 遠藤良介 : ルポ プーチンの戦争 (筑摩選書) : 真野 森作 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : ベラルーシを知るための50章 (エリア・スタディーズ158) : 服部 倫卓,越野 剛 : 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら : 北野 幸伯 : カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] :  : プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? : 北野 幸伯 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : 罪と罰 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 揺れる大国プーチンのロシア (NHKスペシャル) : NHK取材班 : The Lost World of Communism : Peter Molloy : 監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 : アナ ファンダー :
桧町公園


タイトルの『オバタリアン』は、しばらく前に友達に思い出させられ爆笑したので使ってみました♪

JUGEMテーマ:日記・一般

さて今日は、日本のオバサンの話。
日本から戻ったらすぐ書こうと思っていたんだけど
あまりにもいろんなことがあり過ぎて・・・
しかし、忘れることもなく、書かずにはいられない 笑

日本に帰る度に、ほぼ毎回、変な人を見る。
男女問わず、若い人から若くない人まで、いろいろだけど
今回は、おかしなオバサンが多かった〜。

軽いのでいえば、映画を観ている真っ最中に、
携帯のメールをチェックしたり、留守電を聞く女。
新幹線の中で、イヤフォンをつけず、おもいっきり音だして
テレビかビデオか見ちゃっている女。

私は非常識だと思うけれど、この程度なら、
そんなことにイチイチ怒らないでっていう人もいそう。

が、しかし・・・・
今から書くすごいオバサンは、そんなレベルではない。
イギリス女はマナーなっとらん!と、来たばかりの日本人が怒っているけど
あのオバサンのレベルになると、イギリス人だってそいないんじゃないかなぁ?
その昔、幡ヶ谷の駅で見た変態男並み?
あの変態は、変態で、わざと変態行為をしていたと思うけど
そのオバサンは、多分「普通」だと思ってやっているので、タチ悪いかもしれない。
友達に話したら気持ち悪くなっていたので
ここから先を読んだら、気持ち悪くなるかもしれないので要注意!!

場所は、荻窪の有名なサウナ。
名前はいつの間にか日本語になっているけど・・・
昔からよく行っていたし、帰国の度に必ず行く。
最近は、行く度に新しい設備ができていて、結構嬉しい。
帰国数日前のある日、夕方からの飲みに備えて、朝から行った。
露天風呂、サウナ、岩盤浴、そして新しくできた熱風。
あ〜充実、充実。
すっきりしたところで・・・
髪の毛を乾かし、軽く化粧をしようと、化粧室というですかね?
ドライヤーとかクリームが置いてあるところに入った。
部屋は長方形であまり広くなく、両面に鏡が数枚ずつあり
その前に椅子、ドライヤー、化粧品などが並んである。
私は、真ん中辺の椅子に座って髪を乾かし始めた。

すると・・・・
その並びの1番奥に、洗面台があるのだけれど
そこに全裸の女性がひとり立っていた。
サウナ&風呂なので、全裸でウロウロする人はもちろんいるけれど
基本的に、普通の人は、トイレやそのドライヤーのある部屋、テレビやソファのある部屋では
支給されたパジャマのようなものを着ているか、
急いで何かを取りに行く人などは、タオルを巻いているので
その部屋に素っ裸というのは、後から考えたら、それだけで珍しい。

そして、その洗面台。
顔はみなお風呂があるところの流しで洗っているので
最後にちょっと手を洗ったり、うがいをしたりするためなんでしょうか?
私は使った記憶もなければ、そこにあったのか?というぐらいなんだけど・・・

さて、彼女はそこで何をしていたでしょう!??


な〜んと!













毛を添っていた!


え、隠した!? 笑
隠すよね・・・



ジョリジョリと・・・・






脇ではなく







スネ毛!












素っ裸で・・・・









短い脚を一生懸命上げて、足を洗面台の中に入れ



ジョリジョリ・・・・・・







う、う、う、う、う、うわぁあぁぁぁ〜!!!!





なにやっとんじゃ、あのババァ!????




ビックリして固まっていると・・・・・
鏡越しに、後ろのとても上品なおばあさまと目があった。
70ぐらいに見えるけど、しゃんとして、品の良さそうな女性。
横目であちらのオバサンを見て、顔がひきつっていた。私も同じだったと思う。
そして二人で苦笑い・・・・ ひひひぃぃぃ・・・・


が、しかし・・・・
この上品なおばあさまは、反対側なので、
オバサンの後ろ姿、もしくは、せいぜい斜め後ろからしか見えてないか・・・
いや、あの顔は全部見ちゃったのか!??


前出のように、そのオバサンは「全裸」です。
そして、洗面台に足を乗せているということは・・・・
そうなんですよ・・・・















ガバーッ!







ガバーっとやってくれちゃうわけです。



パンツ!?



ええ、履いてませんよ。全裸ですから。






うぇ〜〜!




モジャモジャ







パックリ




見えちゃっているんです。



ぎょ〜〜〜!



ありえねぇ〜!!






うぎょ〜〜!!!




こわ〜!!



ひえぇ〜!!



で、このオバサン。
オバサン、オバサンといって、あんたもオバサンでしょって感じなんだけど
どう見ても、私よりは年上だと思うんだよね・・・・
肩ぐらいまで髪はあり、おばパーをかけているっぽい感じ?
濡れているので、普段どんなかはわからないけど、よく居がちな主婦ヘアだと思う。
その髪が、弱弱しく薄くなっているし
そこまで太ってはいないけど、背中が丸みを帯びているのと
肌がグニョグニョした感じが、想定50代半か後半??
でも、おばあちゃんって感じは全くないので、
下手すると40代だったり・・・ いや、ないな。ないない。50過ぎてる。

そして怖いのは・・・・・・
この女の身体には、帝王切開の跡のようなものがある。
お腹にピシーっとあるの、そうだよね?
ってことは、子供いるんですよ、この人!
え、こんな女と寝る男、結婚する男がいるってビックリしたのか?
いやいや、この人にも若い頃があり、若い時からこんなじゃないと思うんだけど
怖いのは、この女が、子供育てたってこと。
こんなことが平気でできる女の子供って
どんな子に育っているんだろうって想像すると、こわぁ〜。

最近の若い子は・・ってよくいうけど、
若い子じゃなく、オバサン、オジサンだよね、おかしいの。
変な大人がいるから、子供も変になるのって当たり前だと思う。

最近『名前をなくした女神』に嵌っているけど
あのドラマの女とは全く違う怖さが・・・・

それにしても、今回の日本で見た‘おかしなオバサン’達。
み〜んな‘一見普通’な50代。
派手な感じとか危険な感じとか、全くない。
オバサンになるとずうずうしくなるというけど
なんか、それとも違うおかしさが・・・・
オバタリアンという言葉が流行った当時イメージしたオバタリアンと違うよね?
しかも、今回のオバサン達のポイントは、パッと見た感じ‘陰気’。
なんなんだろ、このおかしな人達は・・・・



By amour | Japan | 2011年05月19日 01:45 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2020年08月08日 | CM : 0 | TB : 0