プーチンの実像 証言で暴く「皇帝」の素顔 : 朝日新聞国際報道部,駒木明義,吉田美智子,梅原季哉 : プーチンの世界 : フィオナ ヒル,クリフォード・G. ガディ : プーチンとロシア革命: 百年の蹉跌 : 遠藤良介 : ルポ プーチンの戦争 (筑摩選書) : 真野 森作 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : ベラルーシを知るための50章 (エリア・スタディーズ158) : 服部 倫卓,越野 剛 : 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら : 北野 幸伯 : カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] :  : プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? : 北野 幸伯 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : 罪と罰 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 揺れる大国プーチンのロシア (NHKスペシャル) : NHK取材班 : The Lost World of Communism : Peter Molloy : 監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 : アナ ファンダー :
samobor1

ザグレブに行ってきました!
もちろんコンサート第一目的でしたが、
天気もよく、人もよく、ご飯もおいしい、いいこと尽くめの話から。

JUGEMテーマ:旅行
sasmobor4
旧ユーゴスラビアの国、クロアチア。
行ったことのある人は、悪いことはいわない、素晴らしい国。
というのはわかっていたのだけど・・・
クロアチアは、あまりユーゴスラビア時代の博物館とかなさそうで
天気がいいとか、景色が綺麗とかだけだと
自分が行きたい他の国を差し置いて、行こうと思っていなかったけど
本当に良いところでした〜!!
南欧の天気の良さ、ご飯のおいしさ、フレンドリーさと
共産国の治安の良さが合わさった、素晴らしいところでした。
そして、南欧のいい加減さと、共産国の融通のきかなさがマッチ・・ ははは
おっと・・・↑については次回。

残念ながら、海岸に行くには時間がなさ過ぎ
というか、電車が遅過ぎみたいなので、今回はパス。
ザグレブと、その郊外のサモボールという町に行ってきた。

サモボールへは、バスで30分ぐらい。
30分おきぐらいに出ているので、簡単に行ける。
バスターミナルから、町の中心部までは、歩いて15分ぐらいという噂。
さて、ターミナルに到着したのはいいけど
どっちの方向とかわからないので、運転手さんに聞く。
あっちとか、こっちとかいうけど、何も見えないのよね 涙
しかし、バスを降りると、東洋人のおじさんがいて、町の地図をくれた。
日本人か中国人かわからなかったけど、「ありがとうございます」っていったら
「あ、日本人〜?」といって、町への行きかたを説明してくれた。
おぉ日本人のおじさんも、やさしい!
気分よくして、町に向かってはみるけど、本当に何も見えないのよね。
おまけに誰も歩いていない 涙
町に向かっているはずなのに、誰もいないって・・いいのかしら?

しばらく歩いていると、男の子が歩いてきたので
英語話せる?町はどこ?と尋ねた。
すると「Come with me」と手招きするので、一緒に歩き始めた。
普通に、どこから来たとか、何してるのとかの会話から
サモボールや国の説明もしてくれて、とてもいい子なんだけど
これで、イタリアとかだと、あとでお金請求されたり
気が付いたら財布なかったり・・・するんだよね 笑
ここは大丈夫なのか? 一応、気をつけた方が・・・?
だってなんかされても、他に人が歩いてないし、助けも呼べない。
私の警戒をよそに、彼は本当にフレンドリーに話してくる。
「教会見える?あれが、町の中心地だよ」
あ〜ちゃんと町に向かっている。ほっ。
しかし・・・
「こっちから行った方がいいよ」と妙に狭い小道を通る。
え〜!これ危なくない?なんかあるの?
「え、こちらの広い道のがよくない?」
「いや、そっちは何もないから、こっちの方がいいよ」
え〜!ついていくしかないのか・・・
恐る恐る小道を抜けると、そこは綺麗に花が咲く公園だった!
うわぁ〜い!!
「ねぇこっちの方がよかったでしょ」
そして彼は、サモボール名物クリームシュナテが1番おいしいお店を紹介してくれて
じゃあ楽しんでね〜といって、去って行った。
いや〜ただの良い子だった。疑ってゴメンナサイ!
でも、これを見て、クロアチアは安全と思い、知らない人に着いていって
何かあっても知りません。自己責任で。

クリームシュナテというのは、行く前にネットで見ていたんだけど
ミルフィーユにをマネした、共産国の安っぽいお菓子だろ・・ぐらいに思っていた。(酷い)
あ、安っぽいんじゃなく、激安なんだけど ははは
↓クリームシュナテ
cream

カフェに入って、クリームシュナテと、普通はお茶とか頼むんだろうけど
あまりにも暑いし、変な味で口に残っても嫌だし、喉も乾いていたので
スパークリングウォーターを頼んだ。
まず、水が出てきて・・・ めちゃうま〜! カチンカチンに冷えてるし。うまぁ〜!
なんというか・・・イギリスってば、昔よりはだいぶマシにはなったけど
冷たい飲み物が、冷たくなかったりするので、この冷たさに感動。
あ〜もうこれだけで、しあわせだ。
そして、クリームシュナテがやってきたので、パク。
うわぁ〜!! うまぁ〜! 激うまぁ〜!!!
クリームふわふわで、いい感じに甘くて、めちゃおいしい。
飲み物は、水で正解!! 

お腹もいっぱいになり、気分もよくなったところで
先ほどの男の子が教えてくれたオールドタウンまで、また歩いた。
結構かわいい建物もあったけど、一番目に着いたのは、こちら↓
ssamobor3

岩ですね。
この写真からわかるように、妙に田舎です。
ここからもっと頑張って歩くと、
バス停の日本人のおじさんが教えてくれたお城に行くはずなんだけど
どうやら、恐ろしい坂道を登らなければいけないっぽいし
虫もたくさん出てきそうな気配のところだったので、止めた。
変な虫に刺されてコンサートに行けなかったら困る。
というわけで、また町の中心地に戻り、町を観光。

サモボールだけではなく、ザグレブもだけど
どこに行っても、みな親切で、ニコニコしていて、いい人ばかり。
町の中で、叫んでいる人やケンカしている人がいない!
叫んでいる人・・・滞在中に見たのは、私だけ・・・
私が見たんじゃなく、叫びちらしたのが私・・・ ははは
こんないい人ばかりの、のどかな国で、何お前はキレているんだ!?
いや〜のどかというのは、言い換えれば「超おそい」「いい加減」ってことで・・・
このいい人だらけの国で、私はやらかしたのだった。

 
By amour | Croatia | 2015年08月09日 03:15 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2020年09月28日 | CM : 0 | TB : 0