イヴ・サンローラン [DVD] :  : 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら : 北野 幸伯 : カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] :  : プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? : 北野 幸伯 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : 罪と罰 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 揺れる大国プーチンのロシア (NHKスペシャル) : NHK取材班 : The Lost World of Communism : Peter Molloy : 監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 : アナ ファンダー : Life in the United Kingdom 2007: A Journey to Citizenship : Great Britain. Home Office :

Hamburg 1

 

次に行く前に、ハンブルグでの出来事を・・・

 

JUGEMテーマ:旅行

体調不良ではあったけど、無事、ストーンズのコンサートを楽しんだ翌日。

気分がスッキリしたのか、回復の兆しをみせていた。

とはいえ、朝はギリギリまで寝て、川沿いでちょっとボ〜っとし

タイミングを見計らって、ストーンズのホテルへ!

そういう体力あるの?? 笑

いつものように無駄に長居はできないので

ホントに、タイミングを見計らい、1時間も待たず

ミック・ジャガーの笑顔をゲットし、満足して空港へ向かった。

 

空港到着4時。飛行機出発まで2時間。

無駄に動きたくないので、さっさとゲートに行こうと思ったら

「15分ほど遅れます」というテキストが届く。

まぁ15分ぐらいなら・・と思って、ゲートに行こうとすると

またテキストが届き「45分遅れます」

しかし、いろいろ見て回る体力はないので、ゲートに座っているしかない。

ゲートに行くと、お隣りのゲートに、マンチェスター行きのEasyjetが、やはり遅れている。

Ryan Airのマンチェスター行きは、ちょっと遅れたけど、わりと早めに飛んだ。

更に、私のより1時間遅いBAも遅れている。

イギリスで何かあったのかとネットを見ると

どうやら雷で、イギリスからの出発が遅れたっぽい。

あ〜雷ならしょうがないと大人しく待っていた。

 

出発の時間から45分経ったところで、やっと我々の飛行機が到着したというニュース。

ということで、ゲートのスタッフが「もうするチェックインを始めま〜す!」

みんなササッと並ぶ。いや、みんな=イギリス人で、ドイツ人は当然の如く割り込む。

後ろにいたイギリス人のグループが「あの人達、割り込んでるわ!」と怒っている。

すると、息子らしき若い男が「ドイツ人は、並ばないんだよ。Not civirised!」 笑

更に「中国とか行くともっとすごいよ。並ぶという習慣が全くない」

おば様「アジアの人達は品がないのね」

男「いや、日本は全然違うんだよ。みんな綺麗に並ぶんだ、すごいんだよ」 爆

 

そんな話を笑って聞いていたら、私の2組前の親子のところで、チェックインが止まった!

というか、チェックインしたはずの人達が、階段でつまっている??

どうやら、飛行機まで行くバスが来ないらしい。

そういえば、到着した時も、5分ぐらいバスを待った。

そのうち来るでしょう・・・と思ったけど、30分ぐらい経っても、チェックインは再開されない。

2組前の親子は、子供が小さいので、立っているのも可哀想。

さすがに待ちくたびれたのか、お母さんが「どうなっているの?」と聞くと

スタッフ「バスが来ない。私はバスを呼んだ」

母客「いつ来るかもわからないの?もう30分は待ってるわよ」

ス「私、バス呼んだし。来ないものは来ない。私のせいじゃない」

’私のせいじゃない’・・・ ドイツで結構聞く 笑

母客「催促するとかできないの?それに、チェックインだけはして、バスが来たらすぐ乗せるとか」

ス「バス1台は50人しか乗れないから、あなた達は、1台目が来ても乗れないの」

ス「とりあえず、今、2台目呼ぶわ」

3〜4台必要なのはあきらかなのに、1台ずつ呼ぶシステムなのか、こいつがバカなのか?

母客は、もう文句言ったら止まらないので、まだいろいろ言っている。まぁ当然。

ス「50人乗りじゃなく、70人乗りに変更したわ」

ぎょ〜! 最初からそうしとけ!

母客ますますキレていた。と言っても、叫び散らすわけではなく、淡々と論理的に文句を言っている。

ス「帰りたいのはわかるけど、私だってあなた達が乗らないと帰れないのよ」

聞こえた客数名・・・ キレた。私は、、開いた口が塞がらず、固まった。

 

そこへ、イギリスは紳士の国!と言われる所以ような男が登場。

 

「バスが来ないのは仕方がないけど、君に出来ることはあるんじゃないかな。

 バスがしばらく来ないなら、そうみんなに言って、座って待っててもらうとか・・

 そもそも階段には、お年寄りも障害のある人もいるじゃないか!

 そういう人は、優先的にバスに乗れるように、今から誘導しておくべきだし

 そもそも、階段の人達にも事情説明しないと、みな何が起こってるかわからないよ」

拍手!! キレてガーガーいうより、説得力あります。

ゲートスタッフは、言われたように「バスはまだまだ来ないので、みなさん座って待ってください」

それから、階段の方に行き、多分事情を説明してきた。

バスを呼ぶのと、パスポートチェックが仕事かもしれないけえど

こういう状況の時のカストマーサーヴィスも仕事だと思う。

 

しばらくすると、70人乗りのバスが来て、階段の人プラス20人乗れるということで

私達も乗れたんだけど、この後、あと2台くるのに、各30分と過程して、1時間は待つってこと?

あ〜そう考えるだけで、咳がゼホゼホ、まるで喘息のように出てきた。

バスに乗る時は、1番最後に、そして、飛行機に乗るのも最後で

とりあえず、外の空気を吸っていると、ちょっとマシだけど

飛行機の中の余分な1時間・・・ 辛い。

 

飛行機に乗ると、CAさん達も超不機嫌。

機長のアナウンスによると・・・・

飛行機が遅れた理由は、イギリスの雷とバス。

最近、ハンブルグの空港では、バスのスタッフが常に足りていなくて、本当に困っているらしい。

そして、この飛行機は、ロンドンに戻った後、ハノーバーに飛ぶ予定だったのだけど

ハノーバーの空港には、夜11時以降行けないらしい。

つまり、CA達は、遅れのせいで、家に帰れないということで、

非常に機嫌が悪くなっている・・・ということだと

隣りの席のドイツ人カップルが教えてくれた。

というのは、英語のアナウンスは、ドイツ語よりもインフォメーションが少なかったので。

しかし、事情がどうあれ、不機嫌なまま客に接することはない。

でもドイツ人カップルは「けど、遅れたのは彼女達のせいではないし」

いやでも、私達のせいでもないから、こちらに八つ当たりはないでしょ?

ついでに、この先また1時間とか待つ可能性もあるんだから

お水ぐらい出してくれてもいいと思うんだけど・・・

ドイツ人カップルは「遅れは航空会社のせいではないので」

他のドイツ人客達もCAに同情的で、ビックリ。

う〜ん。先ほどのゲートスタッフの'自分の仕事はしてます’のノリと

'航空会社の責任範囲’の区切りが、めちゃ被る。

義務とか責任とか追及しているわけじゃないんだけどね。

 

そして、気が付くと、ゲートの時から、苦情は基本英語だけだったと思う。

ドイツ語で、スタッフに文句らしいことを言っている人見てない。

ドイツ人にとってこの事件は、ゲートのスタッフやCAのせいじゃないからってことなんだろうけど

雷のせいで遅れたのも、バスが来ないのも、確かに彼らのせいじゃないけど

接客業として、マニュアルにない臨機応変な、お客様のことを考えたサーヴィスとかないかな?

なんというか、私がイメージするドイツ人の'きめられたことしかやらない’?

非常に事務的で、気が利かない・・Minimumな感じ。

CAがおおっぴらに不機嫌とかもありえない。

きまってないことは、やりたい放題なのもドイツ人のイメージ 笑

 

ちなみに航空会社はドイツ系。

ゲートのスタッフは、航空会社職員ではなく、空港スタッフかな?

そして、ゲートのスタッフは、有色人種の移民だと思う。

まぁそう考えれば、イギリスのインド人などの空港スタッフは

もっと態度が悪い可能性があるか・・・? 

これはドイツ人というよりは、移民の問題? 

でも、この状況を彼らのせいじゃないからと、責任の範囲で語るのは

ドイツ人のドライな感覚だと思う。

 

 

 

 

 

By amour | Germany | 2017年10月08日 09:36 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2017年11月02日 | CM : 0 | TB : 0