イヴ・サンローラン [DVD] :  : 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら : 北野 幸伯 : カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] :  : プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? : 北野 幸伯 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : 罪と罰 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 揺れる大国プーチンのロシア (NHKスペシャル) : NHK取材班 : The Lost World of Communism : Peter Molloy : 監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 : アナ ファンダー : Life in the United Kingdom 2007: A Journey to Citizenship : Great Britain. Home Office :

GC6

グトルフォス

 

ゴールデンサークルツアーに参加しました〜!

 

JUGEMテーマ:旅行

アイスランドに行くからには、自然も見に行きましょうということで、ツアーの検索。

一番メジャーなのはゴールデン・サークルですが

私が昔からアイスランドに行くことがあれば行きたいと思っていたのはサウス・コースト。

基本的に海が好きな人なので。

しかし・・・

真冬に海・・・これは嫌いではないのでいいんですが

11月のアイスランド、北欧よりは暖かいとはいえ、零度で浜辺に経つとか・・

おまけに突風が吹いたりとか、雨降ったりとか・・・ 

さすがに夏に行く時の方がいいんじゃないかしら・・

でもまた行くかどうかもわからないし

サウス・コースト+グレイシャーラグーンのツアーはかなり魅力的。

真冬の海に立ち、哀しみ本線日本海かなぁと思ったその時・・

ゴールデン・サークルにもっと魅力的なツアーを見つけてしまいました!

これ行かずにどこ行くの私・・という私にピッタリのツアーです。

グレイシャーラグーンもかなり魅力的ではありますが

冬に行くなら、こちらかなということでゴールデン・サークル+αツアーに決定!

 

ホテルからバスターミナルまで、歩いて10〜15分ぐらいなので

朝から観光しながらブラブラ歩けばいいし

別にピックアップはなくてもいいかなと、最初は軽く考えたのですが

よく考えると、大雪や大雨の可能性もあるし、真っ暗のはず・・・

というわけで、ホテルの側でピックアップしてもらうことにしました。

 

朝8時半にピックアップ。

空港やブルーラグーンからのバスのように早く来るかもしれないので

10分前にバス停に行くと、観光客がたくさん待っていました。

ツアー会社はたくさん、行き先もたくさんあるので、かなりゴチャゴチャしています。

そして私のよみ通り、バスは5分前に到着。

運転手さんは名簿を持っていて、予約確認書と照らし合わせます。

次々と乗ってくるけど、半分ぐらい他のツアー会社の人なんですね 汗

どのバスも会社名が書いてあるのだから、イチイチ聞くなよとも思うんですが

自分のお迎えが来ず長く待っている人達は、つい聞いちゃうのかも。

私のバスは満員だったので、他に寄ることもなくバスターミナルに直行。

バスターミナルに到着して、今度はツアーのバスに振り分けられますが・・

私のツアーはゴールデンサークル+αで、αなしと違い人気がないのか

20人乗りぐらいのミニバンでした。

ガイドは別におらず、運転手兼ガイドです。

他から来る迎えのバスが到着すると、人が乗ってきますが

結局全部で10人の小さなツアーです。

 

9時10分。みな揃ったところで最初の目的地シンクヴェトリル国立公園へGo!

レイキャヴィックから35分ということで、まだ暗いうちに着いた私達。

そこで30分ほど時間があり、岩の間とか歩くのだけど

小雨がパラついてきたし、なんといっても私は怖い!!

というわけで、あまり遠くまで行くこもなく、

言われた時間5分ぐらい前にバスに戻ると、既にみんないました。

他の方もあまりウロウロしなかったんですかね。

 

次の目的地に向かう途中、降りることはできないけど

このツアーの予定にはいっていない滝もチラっと見ました。

運転手さんは、観光地のこともアイスランドのことも詳しく説明してくれました。

気になったのは、物価の高いアイスランド。

平均年収が大体5mil ISK! ポンドにすると£32kです。

そして税金も高いというけど、手取りで3.5mik ISK, £22.5k?

ということは月々の手取りが£2,000 を切るわけです。

水道と光熱費は払わなくていいらしいので、イギリスよりはちょっとマシかもしれないけど

スーパーとかレストランは、ロンドンよりも高いと思う。

どうやって生活しているんでしょね。

私が行ったのは観光地なので、スーパーもレストランも現地の人が行くより高い

あまりやることがないからお金を使わない・・

というぐらいしか思いつきません。

 

そうこうしているうちに、この方達がお出迎えしてくれました。

GC4

 

こちらはゲイシール。間欠泉で有名です。

5分〜10分に1回噴出すということですが

大きさはその時によって違います。

ビデオを撮った時はかなり大きかったですが

こちらの写真は、あまり勢いが良くなかった時ですね。

GC2

 

あちこちに温水があり、温度も100℃近いので危険ですが

「自己責任でお願いします」みたいな表示もありました。

そして、コインを投げるな!

GC3

 

トレビの泉みたいにコインを投げる人がいるらしく

環境破壊に繋がるのでしないようにということです。

 

間欠泉自体は、イマイチ感動しなかったけど

青い水が綺麗でした。

GC1

 

このそばには、レストランやお土産屋がたくさんはいった建物があるので

ここでランチ休憩も入れのんびりしました。

といっても、私は乗り物酔いして気持ち悪くなるといけないので

こういう時は、あまり食べない方が身のためなので超軽く。

但し行く前に「もしかしたら山道でガタガタなんじゃないか」心配していたことはなかったのです。

観光地だからか、道路はすっかり舗装されているし

日本のように高い山もなく、山をグルグル周ることもなかったので大丈夫でした。

 

さて、3番目の目的地・グトルフォス。滝です!

運が良い人は、この写真のように美しい虹と一緒に見れたのかもしれません。

GC5

 

また、私が行った時は、めちゃ暖かかったので雪もなかったのですが

雪景色もかなり美しいに違いありませんが・・

私が見たのは1番上の写真です。

滝の水はほぼドブ色 笑

運転手さん曰く「こんなにたくさんの水が流れているのは初めて見た」

もしかしたら、それはそれで貴重な体験かもしれませんが・・・

とにかく私は怖い!!!

写真の真ん中辺に人がたくさん見えますが・・私には無理!

一応、せっかくだからと途中まで行ったのだけど

どう考えても無理・・・というか途中で引き返すのもほぼ泣きながら・・・

更に、怖い怖いいいながら、上の写真を撮った場所。

一応歩道にはなっていたけど、崖の上にくっついているだけで・・

めちゃ怖かった〜〜 涙

滝を見るのは好きだけど、下から見た方が感動できたかも。

ただひたすら怖かった〜。

 

そこで私が気付いたのは・・・・

自然に興味がないわけではなく、

怖がりなので、他の人の100分の1も楽しめていないだけかも??

そして、自然というのは、ひとりで見るよりも

感動を分かち合いたい人と見るのが良いような気がします。

 

怖い怖いで終わってしまったグトルフォスをあとにして

最終目的地へGo!

 

しかし途中で運転手さん。

予定にはないけど、小さいお子さんもいるし・・・とちょっと立ち寄る。

仔馬が4頭並んでいました。

GC7

 

その横にホース・キャンディが売られているので、みんな買って馬に与えたり

顔や頭を撫でたりしていましたが・・・・

私はやはり・・・怖かった 涙

そして横からは・・・I'm scared!! というかわいらしい男の子の声。

一緒のツアーのアメリカ人の女性と7歳の息子さん。

お母さんが息子に、馬に餌をあげるように言っているのですが、怖くてダメっぽい。

どうやら私は7歳の子供と同じ? 

いや・・・最終的に男の子は餌をあげ、頭を撫でていたので、私より強いみたい。

 

実はこのグレイの馬。

小さいから子供だと思っていたら、実は28歳! 

運転手さん曰く「ディスエイブル」らしい。

何も覚えることができない知的障害を持っていると・・・

いや〜それ教えてくれなくても・・・ 

 

そしてもう1ヵ所寄り道します。

近所の牧場が経営しているカフェでアイスクリーム!

GC8

 

めちゃうまぁ〜!! と叫びたいとこどでしたが・・・

わりとフツー・・・

牧場のアイス〜というと、ミルクたっぷりでコクありのを想像して

多分そうなんだけど、なんか足りないかな?

アイスランドにいる間、全体的にお菓子に感動することがなかったのですが

このアイスクリームもそんな感じ。

しかもバニラとかミルクとかシンプルなのがなかったの。

牧場って、変な味つけしないで、ミルクだけで勝負して欲しくない?

私が食べたのは、1番素材の味に近そうなオレオですが

他はマンゴーとか奇抜な色のものでした。

そして、このコーンがめちゃ固い!

葉が折れるかと思った〜! 年寄りにはツライ・・ 涙

 

おまけにこの狭いカフェに山のような中国人。

私達以外は全て中国人で埋め尽くされていました。

そしてこの中国人どもが・・・・

この牧場で飼っている犬達に、散々アイスクリームを与えるそうで

この日は、1匹の犬が腹痛で苦しんでいたらしいです。かわいそうに。

たまたまこの日は中国人だらけだったけど

日本人でもイギリス人でも、やる奴はやるのでしょう。

 

ちなみにカフェはガラス張りになっていて

そこから牛が見えました。

子連れの方には、ちょっとした楽しいかもしれません。

アメリカ人の女性は

「今日のハイライト1番は馬で、2番は牛ね!」と喜んでいましたね。

男の子には良い経験だったのでしょう。

 

さて、いよいよ私がこのツアーに参加を決めた最終目的地へ向かいます!

 

 

 

 

By amour | Iceland | 2018年12月07日 02:09 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2018年12月11日 | CM : 0 | TB : 0