プーチンの実像 証言で暴く「皇帝」の素顔 : 朝日新聞国際報道部,駒木明義,吉田美智子,梅原季哉 : プーチンの世界 : フィオナ ヒル,クリフォード・G. ガディ : プーチンとロシア革命: 百年の蹉跌 : 遠藤良介 : ルポ プーチンの戦争 (筑摩選書) : 真野 森作 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : ベラルーシを知るための50章 (エリア・スタディーズ158) : 服部 倫卓,越野 剛 : 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら : 北野 幸伯 : カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] :  : プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? : 北野 幸伯 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : 罪と罰 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 揺れる大国プーチンのロシア (NHKスペシャル) : NHK取材班 : The Lost World of Communism : Peter Molloy : 監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 : アナ ファンダー :

kingsx corona

キングスクロスもコロナ対策

 

気が付いたら、既に7月です。

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

今年は3月に日本に帰る予定にしていたので

1月の初めから、日本の武漢ウィルスの状況をチェックしていました。

その後、ヨーロッパでも感染爆発、ロックダウン・・・

イギリスはちょっと遅れ外出禁止・・・

どこにも出かけれず、友達と飲むこともなく

この先の旅行やツアーの計画を経てる楽しみもなく

家にいるなら今のうちにと思っていたロシア語の勉強も

ロシアにいつ行くかもわからなければ、ロシア人と飲みに行くこともないので

なんとなくやる気がイマイチだったり・・・

気がついたらダラダラと暮らして、あっという間に今年も半部が終わっていました。

 

イギリスは他のヨーロッパと比べ、感染収束がなかなか見えませんでしたが

5月半ばから外出制限は緩和され

6月半ばには、スーパー・薬局以外のお店の再開が許可され、プレミアリーグも始まり

今日から、飲食店、美容室、教会なども再開

そして、6月8日以降、海外からの入国者は14日間の隔離を要請されていましたが

来週からシェンゲン加盟国や日本を含む70数ヵ国から入国する場合は、隔離はしなくてよくなりました。

着々と経済再開に向かっています!!!

 

といいたいところですが・・・・

スペイン・フランス・ドイツ・イタリアは一応、イギリスからの旅行者は隔離せずに入国できるらしいのですが

日本のように、到着後PCR検査や隔離が義務のところもあるし

感染が蔓延して、またいつ状況がかわるかもしれないし

そもそも、旅行中にコロナを発症して現地で入院になってしまったら?

海外旅行保険もコロナでは使えないし・・

結局、海外旅行は余程お金と時間に余裕があるか、何も考えない人しかいけない???

 

ロンドンのパブとかバーで、友達と集うのはありかもしれないけど

日本の『夜の街』関連の感染爆発のニュースを見ていると

他人と食事したり、飲んだりしていてはダメってことじゃないかと??

ホストクラブが話題の中心ではあるけど、基本的に接近して話すのがいけないってことでしょう?

イギリス人とパブなんていった暁には、いくら2mは鳴れたとしても

離れれば離れるほど大声で叫んで、ほとんど意味ない感じで・・・

 

そして、いろいろ再開してはいるけど、

街中を歩いていると、再開していいはずのお店でもしていなかったり

そもそもそのまま閉店となるところもかなり多いようで

せっかく1年で1番良い時期も、ほとんど家にいて終わります。

というか、この先いつまで家にいるのか?

 

まぁ暗くなっても何か変わるわけでもなく

失業に備えて職探しを始めるにしても、そもそも求人なんてほとんどなさそうだし

せっかくの時間を有意義に過ごすことを考えないと!

 

 

 

 

 

By amour | London | 2020年07月04日 20:15 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2020年08月08日 | CM : 0 | TB : 0