プーチンの実像 証言で暴く「皇帝」の素顔 : 朝日新聞国際報道部,駒木明義,吉田美智子,梅原季哉 : プーチンの世界 : フィオナ ヒル,クリフォード・G. ガディ : プーチンとロシア革命: 百年の蹉跌 : 遠藤良介 : ルポ プーチンの戦争 (筑摩選書) : 真野 森作 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : ベラルーシを知るための50章 (エリア・スタディーズ158) : 服部 倫卓,越野 剛 : 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら : 北野 幸伯 : カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] :  : プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? : 北野 幸伯 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : 罪と罰 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 揺れる大国プーチンのロシア (NHKスペシャル) : NHK取材班 : The Lost World of Communism : Peter Molloy : 監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 : アナ ファンダー :

Folkestone1
フォークストンの海

 

8月になりました〜!

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

先日『外出制限緩和・Step 3』の記事を書いた直後、いきなり!!

8月から屋内でのコンサートやカジノなどが再開されるということになり

再開されたところで、収益が見込めないので

誰がプレイするのか・・・などと友達と話ていたのですが

結局、昨日になってやはり再開はしないことになりました。

それに加えて、博物館・映画館・宗教施設などでのマスク着用が義務になります。

既に、公共交通機関・店では義務になっていますが

全ての公共の屋内施設を対象にしてしまった方がわかりやすいような気がします。

イギリス人も日本人も、細かく言ってくれないと曖昧でわからないとよくいいますが

そんな細かくわけるよりは、全部にしちゃった方が簡単。

特にイギリスは、隙を見つけてはマスクを外す人が多いので

本当に法的に強制力を持たないと、みんなで無視しちゃいますからね。

電車の中でもマスクしていない人はゴロゴロいます。

病気などでマスクが出来ない人は、一応免除になっていますが

だったら大声でしゃべるなよって感じです。

 

スペインやフランスでは、ロックダウンが緩和され、国境を開けてから

明らかに感染が拡大しています。

イギリスでは、6月に導入された海外からの入国者の自主隔離が

7月10日からヨーロッパ諸国や日本からの場合、免除になりましたが

先週、スペインからの入国者は再び隔離要請対象となりました。

これからどんどん国が増えて行くに違いありません。

 

イギリスもコロナ感染がまた拡大しているのか・・というと

イギリス全体での新たな感染者数は、そこまで増えていません。

というのも、スペイン・イタリア・フランスなどと比べ

そもそも極端に減っていなかったので。

しかし、地域によって極端に増えているので、地域別のロックダウンをしています。

それは今日この記事を書いている時点の話ですが

明日にはまた事情が変わっているかもしれません。

 

一応、3月〜5月のように、国全体で外出禁止にならないようにと

緩和政策を遅らせたり、海外からの入国者の隔離要請をするわけですが

もういろいろ緩和されてしまい、レストランやバーは賑わっているし

日本と違いマスク外し、大声が当たり前、外旅行にも出かける人もいるので

2週間後にはどうなっているのかわかりません。

 

とりあえず、また外出制限が厳格化したり、

いろいろなサーヴィスがストップする前に

やらなければいけないことをしました。

7月は、美容室・マッサージ・MRIと歯医者。

歯医者はまだ数週間かかる予定なのですが

治療が終わるまでは、歯医者の営業禁止にならないことを祈るばかり。

 

そして、毎年短いイギリスの夏ですが・・・

今年は3月〜5月の外出制限中に、無駄に天気がよかったせいか

6月7月は例年よりも更に、天気がすぐれない日が多かったような気がします。

でも、貴重な天気の良い日には、なるべく外に出て、短い夏を楽しむことにしました。

なんといっても、またいつ出かけられなくなるかわからないし

そもそも、9月以降はどんどん暗く・寒くなって行き

仕事に行く必要もなくなると、本当に出かけなくなるわけで・・

楽しめるうちに楽しまないと、人生なんのためにあるのかということになります。

 

というわけで、昨日はイギリス南東にあるフォクストンに行ってきました。

ボーンマスやブライトンは、人がごった返して大変だというニュースを見ましたが

フォクストンは写真でもわかるように平和でした。

毎年夏は、コンサートでヨーロッパを飛び回ったり

コンサートがなくてもヨーロッパに旅行に行くのですが

今年は、せっかくなのでイギリスの海辺の街を楽しみます。

 

 

folkestone3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

By amour | UK other | 2020年08月01日 18:29 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2020年08月08日 | CM : 0 | TB : 0