プーチンの実像 証言で暴く「皇帝」の素顔 : 朝日新聞国際報道部,駒木明義,吉田美智子,梅原季哉 : プーチンの世界 : フィオナ ヒル,クリフォード・G. ガディ : プーチンとロシア革命: 百年の蹉跌 : 遠藤良介 : ルポ プーチンの戦争 (筑摩選書) : 真野 森作 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : ベラルーシを知るための50章 (エリア・スタディーズ158) : 服部 倫卓,越野 剛 : 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら : 北野 幸伯 : カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD] :  : プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは? : 北野 幸伯 : オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] :  : 罪と罰 ドストエフスキー原作 [DVD] :  : 揺れる大国プーチンのロシア (NHKスペシャル) : NHK取材班 : The Lost World of Communism : Peter Molloy : 監視国家―東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆 : アナ ファンダー :

tracntrace

タワーブリッジの入り口

 

7月からいろいろ営業再開しているロンドンです!

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

3月以来、営業を停止していたとこが再開しました。

コロナの感染予防、ソーシャルディスタンスをとりながらということで

みなさん考えているようですが・・・・

ここはイギリス。一体どうなっていたでしょうか?

 

店舗

ほとんどのお店は、入り口に消毒液を置いてますが、本当にお店によって対応は違います。

まず、入店の際に消毒液を手につけるように指示されるところ、体温を測るとこ

店内の移動は一方通行になっていて、矢印が示されているところ

店員はマスク・フェイスシールドなどを付けているところ

レジにビニールなどを設置しているところ

支払いはカードのみ・・・など

いろいろ対策をとっているお店はありますが

何もしていない店、店員によってマスクもしていないとか

対応は本当に様々です。

 

ちなみに7月24日から、店舗でのマスク着用は義務化されています。

店員は義務ではないのか、していない人も相変わらずいます。

 

飲食店

昨日からイギリスでは、飲食店をサポートするキャンペーンが始まりました。

月曜〜水曜のランチが50%になるというものです。

ホスピタリティ企業はどこも行き残りが苦しいので、良いキャンペーンかとは思いますが

私は50%ぐらいじゃ怖くて行けません。

日本だとウェイターさんもキッチンの人もマスクをしてそうですが

イギリスの場合、ビュッフェスタイルのテイクアウェイのお店ですら、店員がマスクをしていなかったり

裏で見えないキッチンスタッフは、確実にマスクもなく、消毒すら怪しいでしょう。

 

私は気になるので、1日出かける時以外は、外食を控えていますが

気にしない人は多いので、先月の飲食店再開から、結構たくさんの人がレストランやバーで集っています。

もうちょっとしたら、日本のように会食が原因で感染というのが増えそうですが

イギリスはイチイチどこで感染したかとかテレビで言わないし

6月から始まった追跡サーヴィスも、イマイチ有効ではないようなので

原因が会食というのはわからないまま終わりそうです。

 

 

病院

7月初めにMRIのために行きました。

病院というのは感染リスクが高いので、ちょっと怖かったけど

せっかく予約が入っているMRI。

キャンセルしたら、通常でもまた1〜2ヵ月待ち・・・

コロナの状況によっては、本当にいつになるかわからないので行ってきました!

 

病院の入り口では、マスク着用と手の消毒を義務付けていましたが・・・

入り口付近に、黒人スタッフが4〜5人が立っていて談笑していました。

マスクはみんな顎にずらしていて、大声で・・・ 涙

イギリスでは、黒人や南アジア人の感染・死亡率が異常に高いので問題になっているのですが

こんなことをしているからだ・・・と思いました。

 

そしてMRIの技師は・・・・

マスクと手袋をしていましたが、話す距離が近い!

2屬匹海蹐、⒛僂阿蕕い泙粘蕕魘瓩鼎韻討る。

これ、コロナと関係なくてもイヤ。

そんなに近くに来なくても会話できるし、全く意味ない。

いざMRIを撮る時には、何か知らないけど、なんでも触るんですよ。

私のブーツの底まで触ってました。

最初に「ブーツは脱いでここに置け」とか言えばいいのに・・・

更に、ブーツの底を触った手で、私の顔を触り、イヤーパッドを耳に入れ・・

グローブはしているけど、この無神経さからして、患者ごとに替えているとは思えず

こうして、いろいろな患者から患者へ、院内感染していくのかなと思いました。

 

あれから4週間が経過して、コロナの症状は出ていないので

多分、病院では感染しなかったのでしょう 笑

 

歯医者

去年の12月に治療&新しいクラウンが必要となっていたのですが

やっと歯医者に行きました。

友達が「プライベートなら大丈夫じゃない」と言ってたけど

プライベートとかNHSとか関係なく、個人・企業の意識の問題では・・・・と不安なまま行きました。

不安は・・・的中。

入り口には消毒液が置いてましたが、強制されることもなく

レセプションの人はマスクも付けていません。

歯医者自体も、治療する以外は、コンサルテーションの時でもマスク無し。

ちなみに、昨日はかなり大掛かりな治療で、2時間以上かかったのですが

歯医者さんがしていたかなり頑丈なマスクでも

なんとな〜く息がかかっているようでした。

 

友達の歯医者は、レセプションも廊下もスタッフも患者もみなマスクで

更に、患者ごとに部屋を交換し

同じ機材を使う必要がある場合は、最低1時間はあけるなど徹底しているらしいけど

うちの歯医者は、そんなことをしている気配はありませんでした。

 

あともう2回は最低でも行くのだけど、不安しかありません。

8月中にコロナに感染したら、確実に歯医者のせいだと思います。

 

マッサージ

こちらは日本人の経営です。

お客様ひとり終わると、しっかり消毒をしているようです。

入店時には体温を測り、スタッフはマスクしています。

予約の時間より早く来ないようにという連絡もありました。

トリートメントの際は、マスクを外してもいいですよとは言われたけど

お互いのためなので、私はマスクをつけたままマッサージをしてもらいました。

 

美容室

私の美容師さんは日本人なので、マスクをしていましたが

他のスタッフの中には、マスクもせずに会話しながら

店内をウロウロしている人もいました。

私がシャンプーをしている間に、しゃべりながらウロウロされた時は怒りしかないです。

シャンプー中は、濡れるからということで、マスクをしていなかったので本当に危険。

 

いろいろなお店を覗くと、しっかりマスク&フェイスシールドのところもあるので

オーナーや美容師本人の意識の違いだと思います。


博物館や映画館も徐々に再開されていますが、まだ行っていません。

天気の良い間は、せっかくのイギリスの短い夏、ビーチや公園などを楽しみ

秋になったら、行ってみようと思います。

 

ちなみに写真のタワーブリッジでは

入場者にTrack & Trace(追跡サーヴィス)への登録を義務かしているようですが

私が行った上に書いたようなところで、今までTrack & Traceへの登録をしたことはありません。

博物館などは、1日の入場者が多いからなのかもしれませんが

感染の可能性が高い飲食店は必要だと思います。

 

 

 

By amour | London | 2020年08月04日 18:52 | CM : 0 | TB : 0
By スポンサードリンク | - | 2020年09月28日 | CM : 0 | TB : 0